リユースマスターとして切に願う事

岐阜県美濃加茂市在住

リユースマスターインストラクターの

ひと宮ですわーいこんにちは!!*

 

前回のブログで

『リユースマスター』って

どんな仕事をしているのか?

と言う事を綴りましたコレコレ

 

不要になったモノを

欲しいと願っている人のもとへ

 

橋渡しをするのが

リユースマスターのお仕事です。

 

手放し先のご提案だったり

実際にひと宮が引き取ってリユースしたり

 

手放す方法はクライアント様と

ヒアリングしながら決めていきますが

 

 

この仕事をしていて

とても心が苦しくなる事がたまにあります

 

これは前もって言っておきますが

 

決してクライアント様が悪いとか

ダメな奴だとか

そんな事が言いたいわけではない。

と言う事を大前提に読んで頂ければと思いますお辞儀

 

 

基本的にひと宮の料金設定

片づけサポートから手放すところまで

トータルサポート(一律料金)で行っています。

 

ですが一部追加料金を頂いて

サポートしている事があります。

 

それは

 

液体・ジェル状・スプレーもの

の引き取り

 

個人では処分しにくく引き取り率が高い

代表的なモノとして

 

食品ビン

(特に瓶詰のもの)

調味料一升瓶

洗剤sae

化粧品化粧品

 

何度でも書きますが

ひと宮リユースマスターです

 

『リユース』のマスターです笑

なので。基本ひと宮の仕事は

再使用できるよう

次に使ってくれる人を見つけるのが

仕事なわけですうっふん☆

 

ですが…

 

例えば

 

 

新品未開封の物でも

 

賞味期限切れてたら?

消費期限切れてたら?

 

IMG_20171025_202010539.jpg

(ちなみに今は2017年*

 

もうどうしようもないんですよね泣汗汗

『捨てる』しか方法が残されていませんエーン

 

 

誤解のないように

もう一度伝えておきます!

 

決して消費(賞味)期限が切れてしまったものを

ずっと放置していた事が悪いのではなく

使い切れなかったからダメなわけでもないです

 

 

ヒアリングでお話を伺っていると

 

消費期限が切れてしまう原因も

溜めざるをえない致し方ない理由も

そこにはちゃんとあって

 

クライアント様なりに努力した過程も

ちゃんと伝わってきます!

 

ひと宮がクライアント様の立場だったら

同じような状況になってしまうだろうな

 

そう感じる状況ばかりです。

(なのでクライアント様を責める事は

絶対にありません!)

 

 

最近気付いた事があるのです荷物

現場サポートをしていて気付いた事

 

液体・ジェル・スプレー系

の引き取りをするクライアント様の

共通点

 

■他人から頂く機会が多い環境下

(仕事関係だったりご両親からだったり)

 

■一度開封したものを他人にあげるのは失礼

(もう絶対使わない!食べない!と思っても

『あげる』選択肢は無い)

 

■せっかく頂いたから(手に入れたから)

一度は使ってみないと(食べてみないと)

という思いがある

 

■蓋があかない・捨て方がわからない

(すぐに使えない・捨てられないと後回しに)

 

 

 

調味料・食品類を溜めちゃう人の

あるあるパターンは

 

 

せっかくだから一度お味見

↓で封を開ける

 

(好みじゃ無かった…)

でも、開封しちゃったし誰かにあげるのは

失礼だよな…

↓とりあえず置いておき

 

気付いたら賞味期限が切れてる

パターン

 

IMG_20171025_201851793.jpg

 

 

一言で言うと

 

頂き物(購入品含む)に対して

【気遣いが感じられる】

人が多い!!!!

 

お話を聞いていると

 

『せっかく頂いたので』

『自分が要らないモノをあげるなんて失礼』

『できるだけ使いたいとは思っている(前向き)』

 

優しい人が多いのデスヨ~*↑

 

 

そして

洗剤・化粧品を

溜めこんじゃう人あるあるは

 

◆CMで新製品が流れると欲しくなる

 

◆一度使って満足、あるいは不満足

(特に掃除用品)

 

◆裏の成分表を見ない

『トイレ用』『レンジまわり用』など

パッケージに書かれた文字以外の

用途で使用できない(気持ち的に)

 

 

洗剤、スキンケア用品を

溜めこんでしまう人は

 

一言で言うと

【とっても前向きな人*キラキラ

 

『掃除する気がある(前向き)』

あそこの汚れを落としたい!

この洗剤なら落とせるかも!!という期待

 

『今よりもっと良くなりたい(前向き)』

もっとキレイ肌になりたい

もっと綺麗な空間にしたい

 

↓

でも、実際に効果が感じられないと

↓

使う気が失せてしまう

↓

そして

パッケージの文字に忠実なので

 

『別の用途で使ってみよう』

という発想は無い

 

なぜなら

 

『洗剤』だからしょぼん

 

成分不明で危険だから

(書いてあるけど読んだところでわからない)

 

書かれた事以外に使うのが怖い・・・sae

(肌につける化粧品もしかり)

 

 

そうやって少しづつ溜まっていくのですね

 

 

■□■□■□■□■□■□■□

 

モッタイナイ精神

優しさ・思いやり・気遣い

いつか使うかも(前向き)

 

とても素敵だと思いますほっこり?

 

 

■□■□■□■□■□

 

でも…

 

ひと宮どうしても思っちゃうんです汗

 

消費(賞味)期限が切れてしまったら

それこそ

 

もったいないし

優しくないし

思いやりないし

使えないじゃん!!!

 

 

ってディナーディナーディナー

 

 

せっかく頂いたから?

使用せずに捨てるのは失礼だから?

 

だってだってそんなの

期限切れたら使いようがないじゃんっおののく

 

製造者の苦労も

送り手の想いも

 

既に『失礼だから手放さない事が優しさ』

とか言う

レベルの話じゃなくなってるじゃんっ泣びっくり

 

とは言え、誰でも

消費(賞味)期限って

わざと期限が切れるのを待ってるわけじゃ

ないですよね?(笑)

 

気付いたら切れているんですひゃ~・・・

使うつもりだったのに忘れちゃってて

過ぎちゃうのが消費(賞味)期限

 

 

誰にだってある事ですおー

ひと宮だってよくやらかします汗

 

 

だからこそ!!

この機会に

少し意識の向け方を変えてみませんか?

 

 

頂いたけど好みじゃなかったモノ

 

気になって開封してみたけど

想像と違ったもの

 

 

貰ってすぐなら

あけてすぐなら

消費(賞味)期限内なら!

 

 

リユースできるんですディナーキラキラ

ちゃんと喜んで使って(食べて)

くれる人のもとへ

届ける事ができるのです!!

 

 

化粧品もあるでしょう?化粧品

買ってみて使ってみて

肌に合わなかった。。とか

 

あまり多用しない調味料とか

IMG_20171013_220834978.jpg

 

ちゃんと使い切れる人のもとへ

 

賞味(消費)期限が切れる前な

譲る事ができるのですディナーキラキラキラキラ

 

少しだけ

『あ~私持ってても使わないな』

と思うタイミングに意識を向けてみませんか?

 

そしたらね

 

きっと

 

製造者も喜ぶよ(多分)

送り主(販売元)も喜ぶよ(多分)

 

 

なにより

 

クライアント様自身がきっと一番

心が軽くなるよディナーキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

 

 

期限の切れたモノ達に囲まれ

部屋の中が上手く片づけられず

イライラするから

【片づけの依頼をする】

 

期限が切れてたら

ひと宮はお金を貰って

引き取らなければいけません

(処分に手間がかかるので汗

 

期限が切れてさえいなければ

場合によっては

クライアント様のお小遣いに

換えてあげる事ができるかもしれないYen

 

 

【もったいないから】と思うタイミング

少し意識して考えてみませんかディナーハテナマーク

 

 

IMG_20171013_220721171.jpg

 

しつこく書きますが汗

 

期限切れのモノを溜め込んでしまうには

各ご家庭

さまざまないたしかたない理由があります

 

足腰が不自由なご年配からの

依頼も多いですし

 

【処分する】という事は

なかなかもって大変な作業です!+

 

なので、困った時にはひと宮を頼ってください

 

『片づけ・収納』云々言う前に

【もう使えないモノ】を家から出す

それだけで随分空間が広々なるものです*

 

 

ただ個人的に…できることなら

せっかく手に入れたモノ達

 

本当に捨てる以外選択が無くなる前に

ひと宮にご相談くださいディナーディナーディナー

 

 

仕事ですから責任もって

最後まで処理しますが

 

あと数年早くひと宮の手元に来ていたらディナー

この仕事で一番心痛める瞬間…

IMG_20171026_201232275.jpg

クライアント様が一番損しないで

心地よい空間を手に入れて頂く為にも

 

リユースマスターとして

ライフオーガナイザーとして

 

手に入れるものの厳選力

手放すもののタイミングを

 

これからも伝えていきたいと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント